弊社における設計・監理業務の基本的な流れは以下の通りです(ご相談に応じて柔軟に対応致します)


お顔合せ

 直接お会いして、お施主様のご要望、疑問点、土地計画、資金計画、等のお話をさせて頂きます。

 もちろん決定されていない事項があって構いません。

 土地の持つ可能性や、予算の配分など、様々な視点からアドバイスさせて頂きます。

 いろいろとお話させて頂いた上で、弊社に設計のご依頼頂けるかどうかご判断下さい。

 

 なお、正式な御契約前に何かしらの提案をご希望される場合のみとなりますが、

 お顔合せ時のお話を反映してプレゼンテーション(簡易図面+簡易模型)を行う事が可能です。

 その場合、約1ヶ月のお時間とプレゼンテーション費用として10万円申し受けています。


  ↓


設計・監理請負契約

 弊社と設計・監理業務委託契約を結んで頂きます。

 事前に草案をお渡ししておきますので目を通しておいて下さい。

 後日に契約の場を設定し、契約内容を読み合わせの上捺印ご契約となります。


  ↓


調査企画業務期間

 土地探しからの協力をご希望の場合や建物の用途等からの検討を望まれる場合に必要となってくる業務の期間です。

 既に土地もお持ちで建物の目的も決定されている場合には、この期間は省略されます。


  ↓ 


基本設計期間 

 基本計画のアイディアを図面や模型でご説明させて頂くと共に、お施主様のご要望を整理していきます。

 法規的制限等の諸情報を収集して反映し、役所等関係者との折衝を始めていきます。

 ご要望等はご遠慮なくご提示下さい。

 実費は必要ですが、この段階での概算見積りをご希望の場合には別途承ります。


  ↓ 


実施設計期間

 計画方針を決定されると、実施設計図書(見積りと施工を行う為に必要な設計図)の作成に移ります。

 詳細な設計業務となりますので、素材、構造、設備、造作物等々の検討も本格的になります。


  ↓ 


お見積り

 選別した複数の請負業者に見積り依頼し、提出された内容を弊社でチェックします。

 その内容を基にお施主様にご相談しながら設計内容と工事費の調整を行います。

 一度でご予算に収まる事はなかなかありませんので、ここが設計最後の正念場です。

 調整が済みましたら、その内容に修正した工事契約図書を作成します。


  ↓


建築確認申請

 確認検査機関に申請書と図面を提出し、設計審査を受けます。

 行政側の指導内容などに基づいて設計内容の修正を行い、その修正に伴う工事契約金額の増減を工務店側と調整します。


  ↓ 


工事請負契約

 建築の許可が下り、工務店側との調整もまとまりましたら、お施主様と請負業者との間で工事請負契約を結んで頂きます。


  ↓


工事着工

 工事期間中を通して、工事監理業務を行います。

 お施主様にご満足頂く為の細部にわたる詳細な設計業務はこの段階でも続いています。


  ↓ 


お引渡し

 お引渡し後も、随時のご相談はもちろん、工務店と共に定期的な検査にお伺いする等アフターフォローに努めます。

    


    

Service

西村幸希建築設計top.htmltop.htmlshapeimage_1_link_0
ページトップ shapeimage_2_link_0

Works | Media | Company | Service | Q&A | Talk  Blog | Coffee