地方都市市街地の中心部、主要駅からもほど近い交通至便な町の一角に計画されている夫婦と子の3人家族のための住宅です。


土地分譲造成の際に新しく出来た私道と車の往来の激しい公道の両者に面するこの角地に、外庭でもなく中庭でもない凹庭を持つ家を造ります。

パブリックな外部とこの建物の唯一の接点であるすみ切り部に設けられる狭い入口は、奥に深く緩やかにカーブするプライベートな外部へと続きます。

道からの視線を柔らかく受け止めて次の景色へとつなげるその凹庭の曲線は、道を歩く人々に緑豊かな様々な表情を連続的かつ断片的に垣間見せます。


一度に全てを見せて空間を全体的に把握させてしまうのではなく、頭の中でシーンを繋ぎ合わせることでより大きな期待感を生み出そうとしています。


住人にとって本当の意味で開放的な庭となるためのプライバシーや安全面の保守に対してもこの凹庭の形状がそれらをコントロールし、かつ気持ちのよい庭の空気を町に滲み出させることを可能にしています。




用途 住宅兼事務所  

所在 広島県福山市  

種別 新築

構造 混構造 地上2階

西村幸希建築設計top.htmltop.htmlshapeimage_1_link_0

Works | Media | Company | Service | Q&A | Talk  Blog | Coffee  

Data